パラレルワークの働き方とは?副業/兼業/複業との違いも解説|代理店募集・ビジネスマッチングのSharesMarket[シェアーズマーケット]

副業をしたい方へ

初心者でも今すぐに副収入を稼ぐことができる簡単な方法とは…?
シェアーズマーケットで始める“副業のイロハ”をご紹介します!

パラレルワークの働き方とは?副業/兼業/複業との違いも解説

少子高齢化による人手不足や、政府の主導する「働き方改革」の影響で、副業や兼業といった多様な働き方が認められるようになってきました。

そんな中、注目を集めているのがパラレルワークです。

今回は、パラレルワークの現状やメリット・デメリット、実践しやすい職種などについてご紹介します。

パラレルワークとは?パラレルワークの現状と副業/兼業/複業との違いは?

パラレルワークとは、『本業を複数持ち、一つの収入源に依存しない働き方』のことです。
同時並行で仕事をする働き方から複業とも言われています。

例えば、プログラマーが複数のクライアントから依頼された案件を掛け持ちし、同時並行で仕事を進めるなどの働き方が挙げられます。

パラレルワークと副業、兼業の違い

『同時並行で仕事をする』というと、副業や兼業を思い起こす人も多いと思いますが、それぞれ、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

副業は、一般的に『本業以外からの収入源』を指し、本業よりも仕事量や収入が少ない仕事のことを言います。例えば、会社員が補助的な収入のために行うアルバイトなどが副業です。

一方、パラレルワーク(複業)は、すべての仕事が本業であるという考え方です。そのため、どの仕事に対しても優劣をつけずに平行して進めます。

そして、兼業は『本業以外で、なんらかのビジネスを経営する』働き方を指します。例えば、平日は会社員として働き、休日は農家や喫茶店などを経営するといった働き方です。

副業についての詳細は「副業の定義は何か?複業と兼業とは何が違うのか?」でもご紹介しています。

パラレルワークの現状

比較的新しい働き方であるパラレルワークの現状を見てみましょう。

厚生労働省の調査「フリーランス白書2018」によると、会社員の4割以上が、パラレルワーク(複業)などの働き方に興味があると答えています。

「なぜ、そういった働き方に興味があるのか」という質問に対して、大半は「収入を増やしたい」といった理由ですが、「自分の能力や資格などを生かしたい」、「本業一本では挑戦できないことにチャレンジしてみたい」といった前向きな理由もありました。

その反面で、複業などの働き方を実践している方は約25%前後と、まだまだ実現に踏み切れていない人が多いのも事実です。

パラレルワークのメリットとデメリットは?

メリット

リスクを分散させられる

投資の世界では、投資先を複数に分けることで、リスクを分散させるという意味から『卵を一つのカゴに盛るな』という格言があります。

複数の収入源を持つパラレルワークであれば、万が一、仕事先の一つを失ってしまっても収入がゼロになるリスクを避けられます。

人脈や知見を広げられる

複数の仕事を経験することで人脈が広がり、新たな仕事に繋がったり、さまざまな価値観に触れたりすることができます。

また、多くの人と関わることで知見を深めることができるため、多角的な考え方が身につき、ビジネスにも応用が利くようになります。

収入がアップする

複数の仕事を同時並行して行っていると、自分の得手不得手の分野が分かるようになってきます。
得意な分野の仕事に注力すると、必然的に生産性が上がり、今までよりも短時間で高い成果を出すことができます。

その結果、得手不得手に限らず様々な仕事を手掛ける会社員よりも、結果的に収入が増えやすくなるのです。

デメリット

プライベートの時間が減る

パラレルワークは副業と違い、すべてが本業です。
案件が多くなるほど、常に仕事に追われる状態になるため、体を休める時間が減っていきます。

オーバーワークの状態が続くと、体調を崩す可能性があるため、無理のないスケジュールを立てるよう注意しましょう。

自己管理が大変

どの仕事でも自己管理は重要ですが、パラレルワークでは、特にスケジュールやタスクの管理に注意を払わなくてはなりません。

複数の仕事を同時に進めるパラレルワークは、進行中の案件数、各案件の進捗状況、納期などを正確に把握し、自分で調整する必要があります。

うっかり納期遅延をしたり、クライアントとの約束を破ったりしたら、取引解消や仕事の依頼が減少する可能性もあります。

また、フリーランスの場合は、確定申告を含めたお金の管理も自分で行う必要があるため、高い自己管理能力が求められます。

セキュリティ面に注意

さまざまなクライアントから案件を依頼されるため、セキュリティ面には十分注意しなくてはなりません。

仕事上で得た情報を別の案件に活用する場合、情報漏洩に当たる可能性もあります。
また、ウィルス対策やメールの誤送信にも細心の注意が必要です。

クライアントとの信頼関係を壊さない為にも、

  1. データ保管場所を分ける
  2. 案件ごとの情報管理について整理しておく

などの対策を講じる必要があります。

パラレルワークを実践できる職種は?

パラレルワークは、複数の仕事を同時並行で行うため、下記のような“案件ごとに働ける職種”が実践しやすいです。

ライター

Webや雑誌など、さまざまな媒体で記事を書くライターは、PCやネット環境が整っていればどこでも仕事ができるため、パラレルワークを実践しやすい職種です。

案件によっては、写真撮影や取材など執筆以外の業務も行うことがあるので、執筆のスキルだけでなく、コミュニケーション能力が問われることもあります。

執筆経験のある人や、美容、金融などの専門知識がある人、日常的にブログを更新している人は案件を獲得しやすいです。

エンジニア

コンピューターシステム開発の提案や設計、開発を行うシステムエンジニアや、設計書に沿ってプログラミングを行うプログラマーなどは、案件ごとにプロジェクトに参画できるため、パラレルワークを実践しやすい職種です。

クライアントとの打ち合わせや、納品分のトラブル対応をすることもあるため、コミュニケーション能力が高い人や、忍耐力のある人が向いています。

リファラル営業(紹介営業)

リファラル営業は、人脈を利用してサービスを紹介し、報酬を得る仕事です。
企業や人との人脈を活かせるビジネスなので、通常の営業よりも受注率が高く、パラレルワークを実践しやすいです。

紹介先企業との関係性を築けている人や、コミュニケーション能力の高い人は、より成果を出しやすい傾向にあります。

シェアーズマーケットは、初心者でも始めやすい商材を数多く取り扱っていますので、パラレルワークを始めたいという人にはおすすめです。

まとめ

パラレルワークについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今後は、より一層複数の仕事をする働き方が増加すると見込まれます。

自分に合った働き方を見つけるためにも、まずは初心者でも始めやすいリファラル営業からスタートしてみてはいかがでしょうか。

シェアーズマーケットは、さまざまな案件を取り扱っているので、紹介先のニーズにマッチした商材を提案しやすいです。
まずは、お気軽に会員登録(無料)ください。

法人/個人向け商品
【アポ報酬5,000円】社宅関連業務の代行で担当者様の負担を軽減!一般のお部屋探しも承っています♪
紹介希望エリア
茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,山梨県
紹介報酬
5,000円
紹介報酬の算定基準
アポイント手数料:一律5,000円 成約手数料:仲介手数料の10% 例)仲介手数料10万円の場合⇒成約手数料1万円
報酬タイプ
一回払い
【アポ報酬5,000円】社宅関連業務の代行で担当者様の負担を軽減!一般のお部屋探しも承っています♪
求める顧客
社宅をお探しの企業様や、一般のお部屋探しをされている方をご紹介ください!

例えば…
・人事異動や入社した社員の住む部屋を探している企業様
・現在使用中の社宅を変更したいと考えている企業様
・転勤やご結婚などで新しい部屋をお探しの方
・住み替えをご検討されている方など

法人/個人向け商品
定額プリンター「プリントモンスター」
紹介希望エリア
全国
紹介報酬
13,440円~72,960円
紹介報酬の算定基準
下限:7000円×16%×12か月(最低利用期間)=13,440円 上限:19,000円×16%×24か月(標準利用期間)=72,960円 ※標準販売価格の16%が紹介報酬となります。 レンタル契約内容に応じて紹介報酬が異なります。
報酬タイプ
継続払い
定額プリンター「プリントモンスター」
求める顧客
★業種職種とわず
店舗、個人事業主、零細企業から中小企業様
特に、カラー印刷を一日20枚以上印刷する、もしくはチラシ配布をたくさんする企業・団体・個人事業主におすすめです。

法人向け商品
適性検査で入社後ミスマッチを防止!本当に自社に合う人が『ミツカリ』ます♪
紹介希望エリア
全国
紹介報酬
40,000円
紹介報酬の算定基準
①or②どちらかの購買行動が確認された時点で、報酬40,000円が確定となります。 購買行動の獲得 ①無料トライアル期間中(アカウント発行1ヶ月間)に、社外の応募者6名以上に適性検査を受検して頂いた場合 ②無料トライアル期間後に、社外の応募者1名以上に適性検査を受検していただいた場合
報酬タイプ
一回払い
適性検査で入社後ミスマッチを防止!本当に自社に合う人が『ミツカリ』ます♪
求める顧客
従業員規模100名以上の企業様
例えば…
・早期離職率を下げたい企業様
・採用業務を効率的に行いたい企業様
・納得感のある人員配置をしたい企業様
・採用コストを削減したい企業様
など