会社員の副業の始め方とは?|代理店募集・ビジネスマッチングのSharesMarket[シェアーズマーケット]

副業をしたい方へ

初心者でも今すぐに副収入を稼ぐことができる簡単な方法とは…?
シェアーズマーケットで始める“副業のイロハ”をご紹介します!

会社員の副業の始め方とは?やり方の基本知識の紹介

近年、働き方改革が進められていることもあり、副業を始める方が増えています。
また、「副業で成功し、独立した」というような話も耳にするようになりました。

その一方、
「興味はあるけど、何から始めたら良いのか分からない」
「副業を始めてみたけど、続かなかった」
といった声もよく聞きます。

では、副業を続けていくにはどうすれば良いのでしょう。
今回は、挫折しないための副業の始め方と、副業を行うメリット・デメリットについてご紹介します。

副業の始め方~目標を決めて時間を確保~

副業をこれから始めたいという方は、まず何から手を付ければよいのでしょうか。
副業を始める際に知りたい知識について紹介します。

【1】目標を決める

最初に、副業を行う上での目標を決める必要があります。
副業を始めると、本業に加えて更に仕事をすることとなるため、確実に労働時間は長くなります。
「隙間時間で手軽に…」「土日の時間だけで…」と考えていても、ある程度、形となるまでには、それ相応の労力がかかります。

そのため、明確な目標や、副業の必要性を認識していないと、せっかく副業を始めても途中で挫折しやすくなってしまいます。
「3年以内に奨学金を完済する」
「5年以内にマイホームを購入する」
「給料とは別に○○円の収入を作る」
など副業を始める理由と、そのためにいくら副業で稼ぎたいのか、という目標をはっきりさせましょう。

【2】空き時間を確保する

続いて、副業に使える時間はどれくらいあるのかを計算し、時間を確保しましょう。
会社勤めの方は、休日や仕事終わりの時間、ランチタイムを活用するなどの工夫が必要です。

しかし、「仕事も家庭も忙しすぎて余力がない」、「本業の仕事で手一杯」など、計算しても十分な時間を確保することができない場合、副業は難しいかもしれません。
無理して副業を始めて、本業に支障をきたしてしまったり、形になるまでに挫折してしまったりしては意味がありません。

副業が原因で本業に悪影響が出ると、人事考課に影響が出る恐れもあるので、体調面も十分考慮し、無理のないスケジュールを組みましょう。

【3】副業を選ぶ

目標が決まり、時間を確保したら、どのような副業にするのか決めていきます。
副業には大きく分けて以下のような2つの選択肢があります。副業を行う目標などを考慮して検討しましょう。

時間労働型

時間労働型とは、働いた“時間“に対して報酬が支払われる仕組みのことです。
本業以外にアルバイトやパートを始めると考えれば、わかりやすいのではないでしょうか。

時間労働型は働いた分だけ、確実に給料を受け取ることができるため、時間さえ確保することができれば、誰でも比較的簡単に稼ぐことができます。
その反面、働く曜日や時間をシフトとしてあらかじめ決められる場合が多いため、時間に融通が利かない、自分のスキルになりづらい、といったデメリットがあります。
また、時間労働型はある程度、時給相場が決まっている為、どれだけスキルを磨いたとしても劇的な収入アップが難しいという特徴もあります。

成果報酬型

時間労働型に対して、“成果”に応じて稼ぐ副業を成果報酬型と言います。
具体的には、自身が制作したアクセサリーや絵などを販売したり、ネットショップを開業したりといったものが成果報酬型です。

これらは、何時間働いたとしても、アクセサリーや絵が売れたり、ネットショップに注文が入ったりしなければ収入は生まれません。
しかし、時給相場がある程度決まっている時間労働型とは違い、1日1時間程度の作業で月に数万円~数十万円以上を稼ぎ出せる可能性があります。

成果報酬型は、収入がある意味 “青天井”な仕組みのため、大きく成功すれば、本業を辞めて起業という事も実現できるかもしれません。

副業のメリットとは?

副業を行うと、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

収入が増えて生活が豊かになる

副業最大のメリットは、ずばり収入がプラスになることです。
「本業の収入だけでも問題ないけど、あと3万円あったら…」なんて考えたことはありませんか?
仮に月3万円収入がアップしたら、洋服の購入や旅行など趣味に使えるお金が増える、将来の為の貯蓄ができるなど生活にゆとりが生まれます。
また、本業以外の収入源を確保しておくことで、本業の収入が減ってしまった時の備えにもなります。

リスクを抑えてキャリアが積める

転職や起業は、なかなか簡単にできるものではありませんし、当然リスクもあります。
しかし、副業なら、本業で安定的な収入を確保しつつ、+αのスキルを磨くことができるため、安心して実績・キャリア作りができます。

人脈を広げられる

会社員だけだと社内の人間や取引先など、特定の人たちに人脈が固定される傾向にあり、人脈も自分自身ではなく、会社に帰属するものです。
しかし、副業を始めると、新たな分野の人たちと知り合う機会が増え、自分自身に帰属する強い人脈を構築できる可能性があります。

管理能力が向上する

本業以外に別の仕事をするには、時間や仕事量、体調をしっかり管理しないと継続できません。
無理をすると本業に支障が出たり、体調を崩したりする可能性もあります。
副業は自分でタスク管理しなくてはならないので、納期や仕事量など、本業とのバランスを見ながら計画していくことで、自ずと管理能力が向上します。

スキルを活かせる

副業を選ぶ際に本業と関連するものを選ぶと、新たなスキル獲得やスキルアップに繋がり、副業だけではなく、本業でも収入アップが期待できる可能性もあります。

副業のデメリットとは?

反対に、副業のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

就業規則を確認しないと処罰の対象になる可能性も

政府は副業促進の方針を打ち出していますが、全面的に解禁されたわけではありません。
副業に消極的な企業もまだまだあり、副業を禁止していることもあるため、事前に就業規則を確認しましょう。

万が一、会社が副業を禁止にしているにも関わらず、無許可で副業を行うと、解雇などの処分対象になる場合があります。
また、副業を認めている企業でも、本業に支障を来した場合や、会社に損失を与える行動と見なされた場合、人事考課に大きな影響を与えることになります。
副業する場合は、本業の会社が定めているルールを確認し、仕事に支障が出ないよう副業の仕事量を調整する必要があります。

確定申告が必要となる可能性がある

副業で得た所得*が1年間に20万円以上ある場合、確定申告をしなくてはなりません。
確定申告とは、所得税を納付するために、その年の所得・納税額等を税務署に申告することです。

会社員は、本人の代わりに会社が税務署へ申告しますので、確定申告の必要はありません。
しかし、会社以外での収入については、当然、各自で行う必要があります。

*所得=収入-経費

確定申告をしないと、追徴課税の請求や場合によっては「脱税の罪」に問われることもあります。
所得が20万円を超える場合は、必ず確定申告をしましょう。

まとめ

副業の始め方、メリット・デメリットについてご紹介してきました。
副業を解禁したばかりで、企業のルールが曖昧な場合も多いと思いますが、不明点は必ず確認してトラブルを回避しましょう。

副業は収入アップの他にも、スキルの向上など、さまざまなメリットがあります。
ご紹介した「副業の始め方」をご参考に、まずは目標を設定してみてはいかがでしょうか。

シェアーズマーケットでは、初心者でも始めやすい商材を多数取り扱っています。
まずは、お気軽に会員登録(無料)ください。

法人向け商品
契約書をそのまま電子化!働き方改革に向けたペーパーレスサービス「P-CON」
紹介希望エリア
全国
紹介報酬
10,000円
紹介報酬の算定基準
ご紹介いただいた企業様とのアポイントが成立した時点で、報酬10,000円をお支払いします。
報酬タイプ
一回払い
契約書をそのまま電子化!働き方改革に向けたペーパーレスサービス「P-CON」
求める顧客
契約業務の効率化を図りたい派遣業者様をご紹介下さい!

・既存の業務フローを大きく変えずに手間を省きたい
・働き方改革に合わせてペーパーレスサービスを利用したい
・電子契約書の導入を考えている

法人向け商品
アポイント報酬“1万円”!成約と合わせて2段階報酬!手離れがよく、紹介しやすさ◎オンラインストレージ「セキュア SAMBA」
紹介希望エリア
全国
紹介報酬
20,000円~120,000円
紹介報酬の算定基準
【アポイント報酬】 ご紹介いただいた企業様とのアポイントを設定していただき、実際に商談が行われた場合、アポイント報酬10,000円をお支払いします。 【紹介報酬】 ご紹介いただいた企業様との契約締結がされた時点で、月額利用料の2ヶ月分を紹介報酬としてお支払いします。
報酬タイプ
一回払い
アポイント報酬“1万円”!成約と合わせて2段階報酬!手離れがよく、紹介しやすさ◎オンラインストレージ「セキュア SAMBA」
求める顧客
オンラインストレージを使ってファイル共有による業務効率を改善させたい中小企業様をご紹介ください!

・情報システム部門や人事総務部門などの方
・社内外の方と機密性の高いファイル共有を行う方
・ファイル共有をメール添付や無料ファイル転送サービスを利用されている方

法人/個人向け商品
クラウド上にアップロードするだけで専用販売サイトが作れる!写真販売システム「AMATSUBU」
紹介希望エリア
全国
紹介報酬
16,470円~315,000円
紹介報酬の算定基準
ご契約いただけた金額に対して50%を報酬としてお支払いいたします。 980円(最安値プラン)×3か月+30,000円(初期費用)の50% ⇒16,470円 200,000円(最高値プラン)×3か月+30,000円(初期費用)の50% ⇒ 315,000円 ※初回の契約のみ
報酬タイプ
一回払い
クラウド上にアップロードするだけで専用販売サイトが作れる!写真販売システム「AMATSUBU」
求める顧客
インターネット上で写真販売をしたいと思っているカメラマン・イベント事業者様をご紹介ください!

例)
・学校イベント、習い事の発表会などの写真撮影、販売をしている
・写真館で展示している作品を販売したい
・店頭で販売していた写真をインターネット上でも販売したい